このページの本文へ移動

多留姫文学自然の里

2017年10月13日更新

平成29年10月15日(日曜日)午前9時~予定していた
脱穀まつりは、天候不順のため中止となりました。

新キャラクター「紫音(しおん)」

 10周年を記念して、また多留姫文学自然の里をより多くの方に興味・関心を持っていただくため、新たなマスコットキャラクターをつくりました。

 新マスコットキャラクター

多留姫文学自然の里新マスコットキャラクター

 市民の皆さんにこのキャラクターの名前を公募しましたところ、たくさん方々から名前の応募をいただき、その中ら、多留姫文学自然の里のイメージとしてふさわしい名前を選ばさせていただきました。

 この新マスコットキャラクターの名前は、紫音(しおん)に決定しました。

 委員会での選考理由は、多留姫の藤を思わせる「紫」が入っていること、「音」は、多留姫の滝の音を想像させるということで、二つのイメージを合わせもっていました、紫音(しおん)に決定させていただきました。

 今後、新キャラクターの紫音をよろしくお願いします。

名勝「多留姫の滝」周辺整備と活用~「多留姫文学自然の里創造員会」の活動~

 「大泉山」の麓に位置する「多留姫の滝」は「名勝」として茅野市文化財に指定される風光明媚な場所です。

秋の多留姫の滝

多留姫の滝 

 この周辺には多留姫神社があり、歌碑等の文学的遺産が多数存在する他、かつては「藤」の名所であったところです。
 この景観と遺産を保全し、市民の自然体験の場、憩いの場として整備すべく、地元三区(中沢・御作田・田道)で「多留姫文学自然の里創造委員会」を組織し、周辺の整備と共に、様々なイベントを進めてきました。

  

 多留姫文学自然の里のマスコットキャラクター たるひめちゃん

多留姫文学自然の里マスコットキャラクター「たるひめちゃん」 

投句箱

 多留姫文学自然の里には、誰でも気軽に俳句や短歌に親しんでいただけるように、投句箱を設置しています。

投句箱の写真

投句箱

 投句箱は、吊橋を渡った先にある載酒亭の脇に設置しています。

載酒亭の写真

載酒亭

 なお、投句箱に投句していただいた作品の中で、特選・秀作・佳作に入選された作品は、毎年開催している多留姫文学祭で展示、表彰します。多留姫を訪れた際は、投句してみてはいかがでしょうか。

 

イベント情報

 多留姫文学自然の里が、より一層市民の憩いの場となるよう様々なイベントを行っていきます。 どなたでもご参加頂けます。
 各イベントの詳しい内容につきましては、決定次第、広報ちのや市のホームページでお知らせします。  天候などの都合で、中止や日程の変更がありますので、ご了承願います。 

平成29年度イベント計画

平成29年10月15日(日曜日)午前9時~予定していた
脱穀まつりは、天候不順のため中止となりました。

平成29年度の多留姫文学自然の里のイベント

イベント名 期日 場所 内容
田植まつり

5月20日(土曜日)

多留姫文学自然の里 神田

 

由緒ある多留姫文学自然の里「神田」で手田植えの体験を行います。当日は、汚れても良い服等の田植えのできる服装でお越しください。なお、雨天の場合は中止です。

稲虫まつり

 

里まつり

6月3日(土曜日)

  • 稲虫まつり

    中沢公民館 ~ 多留姫 神田

  • 里まつり

    多留姫神社境内

稲虫まつり(午前9時30分~11時)

稲虫まつりは、稲につく害虫を追い払い豊作を祈願する伝統行事です。中沢公民館で虫の絵を描いた旗を作り、場所を多留姫文学自然の里「神田」にあらためて虫追いの行事を行います。

 

里まつり(午前11時~12時30分)

多留姫文学自然の里が市民の憩いの場としてますます活用されることを願い開催するおまつりです。太鼓の演奏や昔語り、詩吟朗詠など楽しいイベントを行います。また、参加された方には、多留姫文学自然の里の缶バッチを差し上げます。雨天の場合は、除幕式のみ多留姫神社拝殿前で行い、その他の内容については中沢公民館で行います。

収穫祭

9月30日(土曜日)

多留姫文学自然の里 神田

 

稲刈り鎌を使って稲刈りを行い、天日干しをするため、ハゼに掛けます。当日は、長袖、長靴、軍手等の稲刈りのできる服装でお越しください。なお、雨天の場合は、中止です。

脱穀まつり

10月15日(日曜日)

多留姫文学自然の里 神田

 

千歯扱きや足踏み脱穀機などの懐かしい農機具を使って脱穀を行います。当日は、長袖、長靴、軍手等の脱穀ができる服装でお越しください。なお、雨天の場合は中止です。

文学碑を訪ねる会

未定

中沢公民館

 

講師にNHK学園俳句講座講師の原天明先生をお招きし、多留姫の滝周辺の文学碑を解説していただきます。また、俳句作りも行います。なお、投句箱に寄せられた俳句・短歌の中から、来年開催される「多留姫文学祭」で、特選・秀作・佳作を、原天明先生に選出して頂く予定です。

餅つき大会

11月3日(金曜日・祝)

中沢公民館

 

「神田(じんでん)」で収穫したもち米をふかし、お餅をつきます。ご家族、お友達でご参加いただき、つきたてのお餅をめしあがっていただけます。また、もち米の販売も行われます。当日は、温かい服装でお越しください。雨天の場合も開催します。

多留姫文学祭

平成30年2月19日~3月2日 茅野市役所1階ロビー

 

多留姫文学自然の里創造委員会では、多留姫の滝にある載酒亭に投句箱を設置し、俳句や短歌を投稿いただいています。平成28年12月から29年11月までに投句箱に寄せられた俳句・短歌の中から、特選・秀作・佳作をNHK学園俳句講座講師である原天明先生に選んでいただきます。多留姫文学祭では、選ばれた俳句・短歌を市役所1階ロビーに展示します。

開催イベントの報告

田植えまつり

5月20日(土曜日)に、多留姫文学自然の里「神田」にもち米を植えました。地元の子どもたちを中心に昔ながらの手田植えを体験し、それに合わせて信州玉川太鼓タマシンキッズによる演奏が行われました。どの子どもも泥だらけになりながら、田植えを楽しんでいました。

田植えまつり写真1  田植えまつり写真2

 稲虫まつり

 6月4日(土曜日)に、稲虫まつりを開催しました。中沢公民館にて、半紙に田の害虫の絵を描き、竹の枝につけて旗を作ります。その後、場所を多留姫神社に移し、太鼓の音に合わせ、みんなで「いーねーむーしーおーくりなー」とお囃子を歌いながら、田の畔に虫の絵を刺していきました。

稲虫まつり写真1  稲虫まつり写真2

 里まつり

稲虫まつりに続いて、里まつりが多留姫神社境内で開催されました。地元の子どもたちをはじめ、多くの市民が参加しました。イベントでは、八ヶ岳泉龍太鼓保存会による太鼓演奏、飯田美智子さんによる「方言ずらか」の語り、蓼科暁聲吟道会による詩吟朗詠が行われました。最後に、紅白餅や「多留姫の滝」のバッチの配布が行われ、大いに盛り上がりました。

里まつり写真1  里まつり写真2

ダウンロード

地図情報


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習部 生涯学習課 生涯学習係
〒391-8501
茅野市塚原二丁目6番1号
電話番号:0266-72-2101(内線633・634) FAX番号:0266-73-9843
メールアドレス:shogaigakushu@city.chino.lg.jp

ページの先頭へ