このページの本文へ移動

CHUKOらんどチノチノ

2017年7月7日更新

CHUKOらんどチノチノは

中学生、高校生世代の居場所として中学生、高校生たちと若者を応援する市民が話し合いながら建設された施設です。

建設の際には大人が施設を考えるのではなく、子ども建設委員を募集し、中学生18名、高校生9名計27名で会議を重ね機能や配置について意見交換を行いました。その後、利用上の規則や運営について話し合い平成14年4月にオープンしました。

現在も、運営主体はこども運営委員会が行い、規則の見直しや大きなイベントを計画した場合には、考え方や内容を市民のサポート委員会との合同会議により意見交換を行いながら実施しています。

利用について

利用時間

平日 午後1時から午後7時
土日祝 午前10時から午後7時
※スタジオ・ダンスルーム・会議室・学習室は保護者の承諾書があれば午後7時から午後9時まで利用できます。

休館日

木曜日と年末年始

利用料

無料

利用対象者

中学生、高校生及び同年齢の若者
※登録時に身分証明が必要になります。学生証などを持参してください。
※市外の中高生も利用ができます。

平成29年度夏休みの開館時間について

7月19日(水)~8月22日(火)の期間は、夏休み期間のため午前10時より開館します。

※閉館時間の変更はありません

 チノチノでできること

 こども運営委員会による企画、運営

  • 利用者で構成する運営委員会が組織され企画・運営をしています。
  • 年数回ライブを開催したり、会議を行いみんなのチノチノを目指しています。

可能性を追求することができる場

  • 今まで練習場所の少なかったスタジオやダンス室があります。周囲を気にせず練習に集中できます。

つながりの場

  • 友達との待ち合わせや学校帰り、迎えを待つ間に利用ができます。
  • 学年、学校、世代を越えた交流ができます。

相談の場

  • スタッフがいます。困ったことや悩み事を伺い、必要に応じて関係機関につなげます。
     

施設紹介

 食堂  多目的広場
食堂 多目的広場
カップ麺、飲み物の自動販売機が設置された唯一飲食可能な場所です。
キッチンでは簡単な調理もできます。

普段は自由に利用できるスペースになっていますが、イベント時はライブ会場になります。

 

 スタジオ  ダンスルーム
スタジオ ダンスルーム
防音効果に優れ、ドラムセット、キーボード、アンプ、マイクが常設されています。

一面鏡張りの部屋でダンス練習ができます。

 
 学習室  クラフトルーム
学習室 クラフトルーム
個人用学習テーブル12台が設置され静かに学習できます。 現在は卓球室として大人気。ミシンや工具なども設置してあります。

 

チノチノの一コマ

  CHUKOらんどチノチノでの様子をどんぐり通信ホームページにて紹介しています。

是非ご覧ください。

地図情報



このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ

教育委員会こども部 こども課 CHUKOらんどチノチノ
〒391-0001
茅野市ちの3502-1ベルビア2F
電話番号:0266-75-1199 FAX番号:0266-72-2410
メールアドレス:chuko@city.chino.lg.jp

ページの先頭へ